MENU

健康的な生活を目指す方に人気の青汁!

青汁

健康に気をつかう若い方から高齢者の方まで、幅広い層の方から人気があるのが青汁です。

 

青汁と言えばテレビCMなどの「まずい!」というフレーズからの印象で、自分にとってちょっと苦手な味なのかなと思うかもしれません。

 

青臭いニオイや苦い味がするとの評判もありましたが、現在発売されている青汁は、美味しく飲め、子供でも苦手意識なく、すんなり飲めるほどさっぱりとしています。

青汁の最新人気ランキング!

青汁といえども今は個性豊かで多彩な商品が続々と登場しています。これらの中からどの商品を選んでよいのかわからないという越えもあるでしょう。

 

そこで当サイトは販売されている青汁の中でも購入者からの評価や口コミ情報が優れているものだけを厳選し、色々な視点で比較しています。

 

原料や成分にこだわったものから効果が高いもの、飲みやすさなど徹底的に検証して、青汁の人気ランキングでも紹介していますので、これらの情報を参考にして自分自身の満足のゆく商品選びをしてみてはいかがでしょうか。

青汁の正しい選び方をチェックして健康的な青汁ライフを手に入れよう

健康や美容、ダイエットに良いと言われている青汁は今や日本を代表する健康食品のひとつです。とはいえ販売されている商品の数が多く、一体どれを選ぶべきなのか、いつから始めるべきなのかよく分からない方もいるでしょう。

 

そこでここでは青汁の選び方のポイントや比較ポイントを紹介していきます。

 

青汁の比較ポイントを抑えることでより健康的に美しくなる

原材料をチェック

青汁を選ぶときにはまず最初にどのような原材料を使っているのかを確認しましょう。代表的なものにケール、ゴーヤ、大麦若葉、明日葉などが挙げられます。

 

それぞれ非常に優れた栄養価を持ち、食物繊維も豊富です。飲みやすさを重視するのなら大麦若葉がおすすめ。大麦若葉は抹茶ととても似た味で青汁初心者の方でも美味しく飲めます。

 

ケールやゴーヤは栄養価が高く、さらにポリフェノールも多く含まれているのでアンチエイジング他にも期待が持てます。しかし味はちょっときつい。このように原材料で青汁の特徴が大きく変わってくるので必ず確認しておきましょう

 

青汁の製法をチェック

青汁を選ぶ際にはどのような製法が採用されているのかをチェックするようにしましょう。一般的には粉末状にされていることが多く、水や牛乳などで溶かして飲むタイプが主流です。

 

しかし中には冷凍青汁やフリーズドライ、さらにはサプリメントタイプのものもあります。それぞれの製法によって栄養価が変化してきますし、続けやすさにも違いが出てきます。初めての方は一般的な粉末状の青汁から初めてみましょう。

 

美味しく飲めるか

青汁はできるだけ長く毎日続けていきたいものです。しかしあまり美味しくないものを飲み続けるのは辛いですよね。

 

そのためハチミツが入っているものや、適度に甘さが加えられているもの、大麦若葉をベースとしている青汁を選ぶようにすると比較的長く続けやすくなります。初心者の方には小さな子供でも飲めるような青汁が美味しく飲めるのでおすすめです。

売れ筋人気ランキング

やずやの養生青汁

やずやの養生青汁

価格 内容量 おすすめ度

5,670円(税別)

63本(約1ヶ月分)

星5つ

やずやの養生青汁 やずやの養生青汁の商品詳細ページ
数ある青汁の中でも、緑茶のような風味で飲みやすく、青汁嫌いの人でもごくごく飲めると定評なのがやずやの青汁です。青汁の欠点である青臭さや苦み、えぐみなどがしっかりと抑制されています!

やずやの養生青汁の詳細情報・購入はこちら


ふるさと青汁(マイケア)

価格 内容量 おすすめ度

3,420円(税別)

1箱30包(約1ヶ月分)

星4.5

ふるさと青汁(マイケア) ふるさと青汁(マイケア)の商品詳細ページ
長寿の島として有名な八丈島産の明日葉を主原料とし、さらに栄養を高めるために丸ごと根っこまでを使用したのがマイケアのふるさと青汁です。栄養価が高い上に飲みやすいのが特長!

ふるさと青汁(マイケア)の詳細情報・購入はこちら


ファンケルの青汁粉末

価格 内容量 おすすめ度

500円(税込)

10本(約10日分)

星4つ

ファンケルの青汁粉末 ファンケルの青汁粉末の商品詳細ページ
こだわりの中嶋農法で育てられた国産ケールを使用!カルシウムやミネラルの吸収を助ける働きがある貴重な天然成分のツイントース配合で吸収力アップ!

ファンケルの青汁粉末の詳細情報・購入はこちら