誰でも美味しく飲むことができる青汁は高齢者にもおすすめです!

青汁はアルツハイマー病の予防のためにも役立ちます!

年を取ると誰でも人の名前などが思い出せなくなったり、忘れっぽくなったりするのですが、中にはアルツハイマー病を発症してしまう人などもいるようです。アルツハイマー病はアルツハイマー型認知症と呼ばれることもあり、認知症全体の6割から7割程度を占めています。

認知機能の低下や人格の変化などが、代表的な症状となります。今のところ進行を止めたり回復させたりする治療法は開発されていないのですが、アルツハイマー病の予防のためには青汁が効果的だとされています。

今回はアルツハイマー病と青汁の関係について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

アルツハイマー病を青汁で予防しましょう!

日本においては現在、推定100万人以上のアルツハイマー病患者がいるとされています。

65歳以上の人の10人に1人が認知症であり、その6割から7割程度がアルツハイマー病なのです。アルツハイマー病は主に65歳以上の高齢者に発症する病気なのですが、18歳から64歳の人に発症する若年性アルツハイマー病なども増えています。

アルツハイマー病は、全ての年齢の人に対して発症する可能性があるのです。アルツハイマー病に対して処方される薬は病気の進行を遅らせるものであり、症状を止めたり回復させたりする薬は今のところ見つかっていません。アルツハイマー病についてはその発祥のメカニズムなどがはっきりしておらず、よくわからない部分が多いのです。

ホモシステイン酸はアルツハイマー病の発症原因となります!

アルツハイマー病の発症の原因については様々な意見があるのですが、近年の研究ではホモシステイン酸の増加がアルツハイマー病の発症に関連していることが判明しています。

ホモシステイン酸には脳内にβアミロイドという有害たんぱく質を蓄積させる働きがあり、蓄積されたβアミロイドがその他の有害物質と結びつくことによって、神経細胞の破壊が起こりアルツハイマー病を発症するのです。ホモシステイン酸は若い世代にも同様に発生するのですが、若い世代の場合にはβアミロイドの蓄積が起こらないため、アルツハイマー病を発症することは少ないようです。

またアルツハイマー病は強いストレス(喪失体験・PTSDなど)を受けた場合にも、発症の可能性が高くなります。強いストレスを受けると脳内でホモシステイン酸が増加しますので、できるだけストレスの少ない生活を心がけるようにしてください。

アルツハイマー病の予防には葉酸を豊富に含む青汁の摂取が効果的です!

アルツハイマー病の予防には規則正しい生活を送り、適度な運動やバランスの良い食事を心がけることが大切なのですが、さらに葉酸にはホモステイン酸の増加を抑えてアルツハイマー病の発症リスクを下げる効果が確認されていますので、葉酸の成分を豊富に含む青汁を摂取することがアルツハイマー病予防のためには効果的です。

厚生労働省では葉酸を1日あたり240マイクログラム摂取することを奨励してるのですが、青汁にはこの葉酸の成分がたっぷりと含まれていますので、1日1杯の青汁を飲むことで必要な葉酸の成分を手軽に取り入れることができます。

葉酸は水溶性ビタミンであり加熱調理をした場合にはその成分が失われやすいという特徴があるのですが、一方の青汁は野菜をすりつぶして抽出した汁になりますので、野菜に含まれる葉酸の成分が失われることなく凝縮して配合されているのです。

青汁の積極的な摂取を検討してみてください!

今回はアルツハイマー病と青汁の関係について確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容をまとめてみると以下の通りとなります。

  • 日本には推定100万人以上のアルツハイマー病患者がいるとされています
  • アルツハイマー病の発症にはホモシステイン酸の増加が関連していることが判明しています
  • 青汁にはホモシステイン酸の増加を抑える葉酸の成分が豊富に含まれています

アルツハイマー病の予防のためには、葉酸の成分を豊富に含む青汁の摂取が効果的です。青汁については独自の風味が強く飲みづらいと感じる人が多いようですが、近年では口当たりを工夫して飲みやすく改善された青汁なども数多く発売されていますので、誰でも美味しく青汁を飲むことができるのです。

緑茶や抹茶などを加えた青汁などを選ぶこともできますので、積極的な青汁の摂取を検討してみてください。