ケール青汁には好酸球数の減少や肌状態の改善などの効果があります!

青汁はアトピーの症状の改善にも効果的です!

アトピー皮膚の炎症を伴う過敏症の一種であり、免疫機能やアレルギー反応などが関連していると考えられています。さらに環境や遺伝などの要素もその発生原因となっているようです。

アトピーについては自然に症状が改善する人がいる一方で、長い間その症状で悩んでいるという人もいます。その対策としては症状に応じた投薬や食事の改善によるアプローチなどが行われているようです。健康食品や化粧品などの製造メーカーであるファンケルでは長年の研究の結果、青汁にはアトピーに効果的な成分が含まれていることを発見しました。

特定の種類の青汁には、アトピーの症状を改善する効果があることが確認されたのです。今回はアトピーの症状の改善に効果的な青汁の種類について、さらに詳しくご紹介したいと思います。

アトピーの人にはケール青汁の摂取をおすすめします!

青汁は野菜を絞った汁であり、その原材料としてはケール・大麦若葉・ゴーヤ・明日葉などが使われています。これらの野菜にはいずれもビタミン類やミネラル類や食物繊維などが豊富に含まれていて、私たちの健康や美容やダイエットなどのために高い効果を発揮するのですが、アトピーの症状の改善のためにはケールを主成分とした青汁が最適なのです。

アトピーの人に様々な種類の青汁を飲んでもらう実験を行ったところ、ケールを主成分とした青汁を飲んだ人のアトピー性皮膚炎症状を示す指標は大きく低下して、通常の人と同じぐらいの数値を示しました。ケールを主成分とした青汁には、アトピーの症状を改善する効果が認められたのです。

ケール青汁を飲むことで血中の好酸球数が減少します!

実際の実験ではアトピーの人を2つのグループに分けて、ケール青汁を飲ませたグループと飲ませなかったグループを比較して血中のアレルギー成分の変化を詳細に調べました。

その結果ケール青汁を飲ませたグループは飲ませなかったグループに比べて、血中の好酸球数が減少したことが判明したのです。

好酸球は白血球の一種であり、アトピーの人は好酸球の数値が高めであることが多くなっています。好酸球数はアトピーの症状を判断するための指標であり、好酸球数の減少はアトピーの原因となるアレルギー抗体の減少を示しているのです。

ケール青汁を飲むことで肌状態が改善します!

さらにケール青汁を飲ませたグループは角層水分量が高く、ケール青汁を飲まなかったグループよりも肌の潤いがしっかりと保たれていることが判明しました。

アトピーは皮膚の炎症を伴う過敏症の一種ですから、肌の状態を改善することでアトピーの症状の軽減が期待できるのです。アトピーの人は角層水分量の数値が低めであることが一般的ですから、ケール青汁を定期的に摂取して肌状態を改善することができれば、アトピーの症状についても軽減できる可能性が高いといえるでしょう。

ケール青汁を日常生活に取り入れてみましょう!

今回はアトピーの症状の改善に効果的な青汁の種類についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容をまとめてみると以下の通りとなります。

  • アトピーの症状の改善にはケールを主成分とした青汁がおすすめです
  • ケール青汁を飲むことで血中の好酸球数が低下します
  • ケール青汁を飲むことで角層水分量が高くなります

ケール青汁は青汁としては最も一般的なものであり、抗酸化作用を有するポリフェノールなどの各種の栄養成分を豊富に含むことが特徴となっています。ただしケール青汁は独特の風味が強いため、そのままでは飲みづらいと感じる人が多いかもしれません。

そのような場合には牛乳やハチミツなどを加えることで飲みやすくなりますし、さらに緑茶や抹茶などの成分を加えて飲みやすく改良された青汁なども発売されていますので、アトピーで悩んでいる人はケール青汁を日常生活に取り入れて、その効果を試してみてください。