日本人の死因の約3割を占めるがんの発症を予防しましょう!

日本人の死因の約3割を占めるがんの発症を予防しましょう!

がんの予防には青汁が効果的です!

がんは日本人の死因第一位の病気であり、がんにより年間30万人以上の人が亡くなっています。がんを発症する人は年間60万人以上なのですが、これは半分の人が治癒したというわけではなく、実際には多くの人ががんの治療を続けているのです。

がんは完治が難しい病気であるということを、しっかりと認識してください。がんの発生を予防するためには、青汁を定期的に摂取することをおすすめしたいと思います。

青汁にはがんを予防するために効果的な、様々な働きがあるのです。今回は青汁のがん予防効果について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

日本人のおよそ3割ががんにより亡くなっています!

日本人の死因のおよそ3割を占めるがんは、治療が難しく死亡率の高い病気です。WHO(世界保健機関)の2005年の調査によると、世界における5800万人の死亡者のうち、13%に相当する760万人ががんにより死亡しており、がんによる死亡者数は今後もさらに増加していくことが予想されています。

がんは恐ろしい病気なのですが、健康的な生活適度な運動禁煙などにより発症を抑えることができます。

例えば肺がんはその8割から9割が喫煙により発症するとされており、禁煙により発症のリスクを大幅に低減することができるのです。

食生活の欧米化もがん発生の一因だとされています!

がんの発生については遺伝子の病変などが原因だと考えられているのですが、そのメカニズムが完全に解明されたわけではありません。様々な条件や要素が指摘されていますが、いわゆる食生活の欧米化もその一因ではないかとされています。

日本人の従来の食事は穀物と野菜と魚を中心としたものだったのですが、現在の日本人の食事は肉食を中心とした高カロリーで高脂質なものへと変化しました。脂肪の過剰摂取食物繊維の不足により腸内環境が悪化すると便秘などの症状を引き起こし、さらに大腸がんなどが発生する可能性が高くなるのです。

青汁にはがん予防のために効果的な成分が豊富に含まれています!

がんの予防のためにはバランスの良い食事を心がけることが重要です。特に不足しがちとなる食物繊維や、各種のビタミン類やミネラル類の積極的な摂取が欠かせないのですが、これらの成分を普段の食事から摂取するためには大量の野菜を食べることが必要になります。

必要な栄養素を効率的に摂取するためには青汁がおすすめです。青汁には野菜由来の食物繊維栄養成分が豊富に含まれていますし、さらに免疫力を高めて細胞の働きを活性化させるポリフェノールが抗酸化作用により活性酸素の生成を予防します。

青汁でがんの予防に取りくんでみてください!

今回は青汁のがん予防効果について確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容をまとめてみると以下の通りとなります。

  • がんは日本人の死因第一位を占める恐ろしい病気です
  • 食生活の欧米化もがん発生の一因だとされています
  • 青汁にはがん予防のために効果的な成分が豊富に含まれています

さらに「ケール青汁には免疫力を向上させる高い効果が認められる」という研究結果が発表されています。青汁を継続して摂取することで、「ナチュラルキラー細胞」というウィルスや主要に高い抵抗力を示す免疫細胞が活性化することが確認されたのです。この研究結果は将来におけるがんの予防や治療の可能性を広げる、重要なものだといえるでしょう。青汁を積極的に摂取して、がんの予防に取り組んでみてください。