お子様の野菜不足を青汁で効率的に解消しましょう!

小さなお子様にも青汁の摂取をおすすめします!

普段の生活に青汁を取り入れる人が増えています。豊富なビタミン類やミネラル類や食物繊維などを含む青汁は、私たちの健康や美容やダイエットなどのために効果を発揮する優れた健康食品です。

そんな青汁は大人はもちろんなのですが、実は小さなお子様にも最適なのです。野菜が嫌いなお子様でも、青汁であれば必要な栄養素を手軽に摂取することができます。今回はお子様にも青汁がおすすめな理由について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

青汁には野菜由来の健康成分が豊富に含まれています!

野菜が嫌いなお子様が多いようなのですが、小さな子供は大人と比べると苦みを敏感に感じやすいため、大人にとっては美味しい料理であっても子供には苦くて食べられない場合があるのです。

しかしそうは言っても、野菜は健康な身体を作るためには必要不可欠な食品になりますので、小さなお子様にもしっかりと野菜を食べさせたいものです。そのような場合には青汁を試してみてください。野菜由来の栄養成分を豊富に含む青汁は、野菜嫌いの小さなお子様でも手軽に美味しく摂取することができます。

現在の青汁は口当たりが良く小さなお子様でも美味しく摂取することができます!

以前は「不味い!」という青汁のテレビコマーシャルが頻繁に放映されていましたし、またテレビのバラエティー番組などで青汁が罰ゲームとして使われたことなどもありましたので、青汁については「苦くて飲みづらい」というイメージを持っている人が多いようです。

しかし現在の青汁は口当たりなどが飲みやすく改善されていますので、誰でも美味しく飲むことができるのです。特に大麦若葉を主原料とした青汁は青臭さが少ないことが特徴となっており、抹茶のような感覚で楽しむことができます。牛乳などを加えれば抹茶ラテのような風味になりますので、小さなお子様にもおすすめしたいと思います。

青汁が苦手なお子様には甘さを加えたり料理に混ぜたりすることをおすすめします!

どうしても青汁が苦手だというお子様には、砂糖やハチミツなどを加えた青汁を飲ませてみてください。甘さを少し加えることにより青汁が飲みやすくなりますが、あまり量を多めに加えてしまうとカロリーオーバーになってしまいますので注意が必要です。また青汁はそのまま飲ませる以外に、料理に混ぜることもできます。

例えばパスタに和えたり、ホットケーキの材料に加えたりすれば、小さなお子様でも抵抗なく摂取することができるはずです。

小さなお子様に青汁を飲ませる場合にはくれぐれも適量を心がけるようにしてください!

今回はお子様にも青汁がおすすめな理由について確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容をまとめてみると以下の通りとなります。

  • 青汁には野菜由来の健康成分が豊富に含まれています
  • 現在の青汁は口当たりが良く小さなお子様でも美味しく摂取することができます
  • 青汁が苦手なお子様には甘さを加えたり料理に混ぜたりしてみることをおすすめします

青汁は何歳から飲ませて良いのだろうか?」と疑問を感じる人などがいるかもしれませんが、離乳食を卒業したお子様であれば基本的には青汁を飲ませて大丈夫です。

ただし青汁には適量がありますし、身体が小さいお子様の場合には大人よりも適量は少なめになります。青汁を過剰に摂取するとお腹を下してしまう場合などがありますので、小さなお子様に青汁を飲ませる際にはくれぐれも適量を心がけるようにしてください。