善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らすことが必要です!

青汁でコレステロール値を改善しましょう!

近年ではコレステロールという言葉が一般化しています。日常生活の中で、「コレステロール値が高いんだ」「医者からコレステロール値に注意しろと言われたよ」などという会話を耳にすることも多いのではないでしょうか。

コレステロールについては健康に悪影響を与える悪玉のイメージが強いのですが、実は私たちの健康を維持するためには必要で欠かせない成分でもあるのです。健康を維持するためには善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールを減らすことが必要になります。

コレステロール値を改善するためには青汁の摂取がおすすめです。今回は青汁のコレステロール値改善効果について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らしましょう!

コレステロールについては主に2つの種類があり、HDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール)とLDLコレステロール(悪玉コレステロール)に分けることができます。

悪玉コレステロールであるLDLコレステロールの数値が基準よりも高い場合(空腹時140mg/dl以上の場合)には高LDLコレステロール血症と診断されますし、また善玉コレステロールであるHDLコレステロールの数値が基準よりも低い場合(空腹時140mg/dl未満の場合)には低HDLコレステロール血症と診断されます。

いわゆるコレステロール値が高いというのは高LDLコレステロール血症のことなのですが、低HDLコレステロール血症も同様に脂質異常症の一つであり、動脈硬化を引き起こすことにより心筋梗塞などの原因となります。

さらに血液中の中性脂肪の数値が基準よりも高い場合(空腹時150mg/dl以上の場合)にも、同様に脂質異常症(高トリグリセリド血症)と判断され、治療が必要になります。コレステロール値を改善するためには、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らして、善玉コレステロールを増やすことが必要になるのです。

青汁にはコレステロール値を改善するために効果的な様々な成分が含まれています!

青汁にはコレステロール値の改善のために効果を発揮する、様々な成分が豊富に含まれています。ビタミンCにはコレステロールを体外に排出する効果があります。身体にはもともと余分なコレステロールを体外に排出する機能が備わっているのですが、ビタミンCにはこれを促進する働きがあるのです。

またビタミンEにもコレステロール値を低下させる効果があり、過酸化脂質に変質したコレステロールを分解することで血流を改善することができます。さらにビタミンB群には、コレステロールが過酸化脂質に変質することを予防する働きがありますし、食物繊維にはコレステロールを吸着して体外に排出する働きがあるのです。

コレステロール値の改善のために日常生活に青汁を取り入れてみてください!

今回は青汁のコレステロール値改善効果について確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容をまとめてみると以下の通りとなります。

  • コレステロールには善玉コレステロール悪玉コレステロールとがあります
  • 健康のためには善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らすことが必要です
  • 青汁にはコレステロール値の改善に効果的な様々なビタミン類食物繊維などが豊富に含まれています

青汁に含まれる様々な成分には、コレステロール値を改善する高い効果を期待することができます。ケール・大麦若葉・明日葉などの緑黄色野菜を原料として作られる青汁には、野菜由来の各種のビタミン類やミネラル類や食物繊維などが豊富に含まれていますので、1日1杯の青汁を定期的に摂取することでコレステロール値のコントロールができるのです。コレステロール値が気になるという人は、日常生活に青汁を積極的に取り入れてみてください。