青汁に豊富に含まれているビタミンやミネラル、食物繊維は糖尿病予防に効果的

現代人にとって深刻な生活習慣病のひとつとして捉えられている糖尿病。ゆっくりと症状が進行していき、わかったときには手遅れな状態になっていることが多いことから「サイレント・キラー」とも呼ばれています。そんな糖尿病対策のひとつとして今話題になっているのが青汁を飲むこと。

そこでここでは青汁と糖尿病の関係について紹介していきたいと思います。

成人の5人に1人が糖尿病もしくは予備軍

2012年の厚生労働省の調査によると、成人の約950万人が糖尿病として疑われると発表しています。また1100万人が予備軍であることも分かっており、合計するとおよそ5人に1人が糖尿病、もしくは糖尿病予備軍であることが判明しました。

糖尿病を引き起こす原因は遺伝的なものもあるのですが、多くは生活習慣によって引き起こされています。食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足、肥満、ストレスなど挙げればキリがありません。しかしやはり重要になってくるのは食生活。食生活こそが糖尿病に大きく影響する原因だというのは皆さんもご存知の通りだと思います。

糖尿病を予防するための食生活とは?

糖尿病を予防・改善するためには食べ過ぎを防ぎ、極力栄養バランスの取れた食生活を送り続けることが必要不可欠になります。具体的には以下のポイントを守ることが大切です。

1日の摂取カロリーをコントロールする

現代人は手軽に食事が取れるため、気を抜いてしまうとあっという間に1日の摂取カロリーを超えてしまいます。糖質、脂質など高カロリーなものを食べ過ぎると血糖をコントロールするホルモン「インスリン」をたくさん分泌しなくてはなりません。

インスリンは腎臓から作られていますが、酷使してしまうと徐々にインスリンの分泌が狂ってきてしまいます。その結果糖尿病が引き起こされます。

なのでまず最初に考えなくてはならないのは自分に必要なカロリーはどれくらいなのか、毎日の食生活でどれくらいのカロリーを摂取しているのかを把握するところから、と言えるでしょう。その上で、摂取カロリーが多くなりすぎないようにコントロールしていかなくてはなりません。

栄養バランスの良い食事を心がける

糖質やタンパク質、脂質のバランスに気を配るのはもちろんですが、ビタミンやミネラルが不足しがちな現代人はこれらもしっかりとカバーしてあげなくてはなりません。

野菜を食べる習慣の少ない人ほどビタミン、ミネラルの摂取量が不足しがち。積極的に野菜をたくさん食べるように心がけることが大切です。

食物繊維をしっかりと取る

食物繊維は血糖値の上昇を緩やかに、そして血中コレステロールを下げる働きがあります。つまり糖尿病の予防・改善には欠かせない栄養素と言えますね。

また食物繊維を多く含む食べ物は基本的にしっかり咀嚼しないと飲み込めないものがほとんど。つまり噛む回数が増えるので自然と満腹感を得やすく、食べ過ぎを防ぐ効果も期待できます。

食物繊維自体はカロリーを持たず、また種類にもよりますが水分を多く取り込む性質を持っているのでお腹の中で膨れやすく、満腹感を安いのも大きなポイントのひとつと言えるでしょう。

野菜はもちろん、海藻や乾物にも多く含まれています。これらを毎日の食生活に取り入れられるように工夫してみましょう。

お酒の飲み過ぎは控える

毎日のようにお酒を飲んでいる方も多いですが、単純にカロリーが高いですし、糖質を多く含んでいるものが大半なので糖尿病を引き起こしやすい飲み物だと言われています。また同時に肝臓への負担も大きいので糖尿病の合併症を招きやすいのも問題。

適度に飲む分には問題無いので、できるだけカロリーの低いおつまみと組み合わせて、過度に飲み過ぎてしまうことが無いように注意しておきましょう。

糖尿病の予防には野菜の摂取が重要になってくる

以上のことから、日常生活の中で糖尿病を予防・改善しようと思ったらどれだけ効率良く野菜を摂取することができるかが鍵になってきます。

野菜に豊富に含まれているビタミンやミネラルは体の調子を整えるのに有効ですし、食物繊維は食べ過ぎを防ぎ、肥満を防ぐのに効果的。

ただ単純に野菜を食べるだけでなく、食べる順番も意識するとなお良いです。食物繊維は食事の前にとっておくとより優れた効果を発揮することが分かっているため、最初にサラダを食べてからメインのおかずを食べるようにする、など食べ順も意識してみましょう。

青汁で野菜を上手に摂取することが糖尿病対策に繋がる!

厚生労働省が定める野菜の目標摂取量は1日350g。これはなかなか簡単に達成できる量ではありません。しかも野菜は体の中に溜めておくことができないため、毎日続けて食べ続けなくてはなりません。

もしも1日350gの野菜を食べ続けるのが大変だと思ったときは日常生活に青汁をプラスすることを強くオススメします。

ご存知の通り青汁は野菜の成分をギュギュッと詰め込んだ健康食品です。見た目以上にたっぷりのビタミンとミネラル、食物繊維を含んでいるのでまさにうってつけ。

また嬉しいことにスティックタイプなど持ち運びしやすい青汁商品もたくさん販売されているので、外出先でも栄養バランスをコントロールしやすいのは本当に魅力的だと言えます。

毎食前に青汁を飲む習慣を身に付けて、糖尿病を恐れない毎日を手に入れましょう。