特にケールの青汁にはアルコールの分解を助ける働きが!二日酔いを効果的に改善したいなら青汁を飲もう

お酒を飲みすぎて二日酔い。おそらく結構な数の方が二日酔いと戦った経験があるのでは。二日酔いになると「もう二度とお酒は飲まないぞ!」と思うのですが、結局また飲む羽目に。特に仕事の付き合いで飲まざるを得ないこともありますよね。

頭痛や吐き気など身体にとって大きな負担となる二日酔いですが、予防方法を知っているだけである程度回避できますし、もし二日酔いになってしまってもできるだけ早めに改善できるかもしれません。その答えのひとつが青汁を飲むこと。

ここでは二日酔いのメカニズム、そして青汁が持つ二日酔いの予防効果について紹介していきます。

そもそもどうして二日酔いになる?

お酒に含まれているアルコールは適量であれば、深いリラックス効果が得られ、血行促進作用など身体にとってメリットが大きいと言われています。しかし、アルコール量が増えてしまうと有毒です。

そもそも人間にとってアルコールは有毒な存在です。なのですぐに肝臓が分解します。アルコールを分解すると「アセトアルデヒド」という物質が生成されます。これが悪酔いや二日酔いを引き起こす犯人です。

アセトアルデヒドの量が少量なら肝臓でをスムーズに分解することができます。つまり翌日まで持ち越すことはありません。しかし、大量に飲み過ぎてしまうとアセトアルデヒドの量はどんどん増えてしまい、翌日以降も体内に残った状態に。これがいわゆる二日酔いの状態です。

二日酔いになると頭痛が起こります。これはアセトアルデヒドの毒性によって引き起こされているのだそうです。またアルコールによる利尿作用で体内の水分量が極端に低下していることも原因のひとつ。吐き気も同じくアセトアルデヒドが原因で、他には胃が荒れていることも原因。

二日酔いにならないための予防方法と改善方法

二日酔いになる前に実践した予防方法、二日酔いになってしまった後の改善方法についても紹介していきましょう。

二日酔いの予防

  • お酒はゆっくり自分のペースで飲む
  • おつまみだけで済ませず、ご飯など食べ物も一緒に胃に入れる
  • 水分をこまめに取る
  • ビタミンやミネラルを摂取する

二日酔いの改善

  • 失われた水分を補給する
  • 肝臓の働きを高める栄養素を取る
  • アルコール分解によって不足するブドウ糖を摂取する

青汁を飲むことで二日酔いを予防する成分を手軽に補える

二日酔いを起こしやすい人、ここぞという時に二日酔いになりたくない人は普段から青汁を飲むようにしておくことをオススメします。青汁に含まれている豊富な栄養素は肝機能を高め、不足しがちなビタミンやミネラルを補うのに効果的です。

アルコールの分解を助けてくれる

アルコール、アセトアルデヒドの分解には「ナイアシン(ビタミンB3)」が必要不可欠です。ナッツ類などに多く含まれているのですが、青汁にもたっぷり。

肝臓の機能を高めてくれる

青汁に含まれるビタミンやアミノ酸、フラボノイドは肝機能を高める効果があります。特にスルフォラファンは幅広い分野からも注目されているほど。ケールに特に多いです。

お酒で胃が荒れるのを防ぐ

青汁にはビタミンUが豊富に含まれています。これは「キャベジン」とも呼ばれ、胃腸薬にも使用されているほど。胃痛や胃のもたれ、吐き気、食欲不振などの予防や症状の緩和に効果的です。

二日酔い対策で青汁はどのタイミングで飲むのが良い?

基本的にはお酒を飲む前、飲んでいる最中、もんだ後のいずれでもOKです。ですができれば飲む前、飲んでいる最中が理想的。

またお酒を飲む前だけでなく、常日頃から青汁を飲むようにしておいた方がより効果を実感できるでしょう。

二日酔い対策にオススメの青汁アレンジメニュー

ただ単純に青汁を飲んでも良いのですが、二日酔いの解消に良いと言われている飲み物と組み合わせることでさらなる効果が期待できます。

スポーツドリンク+青汁

スポーツドリンクに含まれる水分、糖質、アミノ酸と一緒に青汁を飲むことでより効果的に二日酔いの改善が期待できます。

果汁100%ジュース+青汁

「果糖」は二日酔いの改善効果が高いと言われています。また果汁100%ジュースならそれ相応のビタミンやミネラルも期待できるでしょう。ビタミンCが豊富なアセロラ系のドリンクもオススメ。

豆乳+バナナ+青汁

豆乳の良質なタンパク質はアルコールの分解を促進させます。またバナナを組み合わせることで豊富なビタミンB群、ビタミンCも期待。ミキサーを使ってスムージーにしましょう。味もおそれなりに美味しいので食欲のない二日酔い状態でも口にしやすいのではないでしょうか。

大前提として二日酔いにならない程度にお先をたしなみのが正解

今回は青汁によって二日酔いの予防・改善ができることを紹介しました。普段から青汁を飲み続けることで肝臓の働きを高められるのですが、アルコール自体が根本的に体に負担をかけるものだということは覚えておく必要があります。

アルコールの分解能力は個人差がとても大きく、自分がどの程度までならお酒を飲んで大丈夫なのかをしっかりと把握し、二日酔いにならない飲み方をマスターすることこそ最重要項目だと心得ましょう。