便秘薬に頼りすぎると慢性的な便秘に陥る可能性があります!

青汁は便秘解消のためにも効果的です!

現代人の大きな悩みの一つである便秘については、過度のストレスや食生活の乱れや運動不足などが主な原因となっているのですが、女性の場合には男性よりもホルモンバランスが乱れがちになるため、女性の方がより便秘になりやすいようです。便秘を放置すると肌荒れの原因となりますし、さらに様々な病気を引き起こす可能性もあります。大腸がんなどを発症する場合などもありますので、「たかが便秘でしょ?」などと軽く考えてはいけません。便秘の症状の改善のためには、食物繊維を豊富に含む青汁が効果的です。今回は青汁の便秘解消効果について、さらに詳しくご紹介したいと思います。

便秘解消のためには食生活の改善が必要になります!

便秘の解消のためには、まずは食生活の改善が必要になります。便秘の解消といえば食物繊維が効果的だとされているのですが、これは食物繊維には腸内環境を整えて善玉菌を増やす働きがあるからです。

逆に食物繊維が不足すると腸内環境が悪化し、悪玉菌の増加により腸内に有害物質が溜まりやすくなります。その結果便が出にくくなって、様々な弊害が発生するのです。それでは食物繊維については、実際にどれぐらい摂取すればよいのでしょうか。

2010年版の「日本人の食事摂取基準」では、18歳の男性の場合には1日あたり19g以上、同女性の場合には1日あたり17g以上の食物繊維の摂取が基準値とされています。

現代人の食生活では食物繊維が不足しがちです!

ただし日本人が実際に摂取している食物繊維の量は、「日本人の食事摂取基準」が示している基準値を大きく下回っているようです。特に10代から40代の男女については、いずれも1日あたりの摂取量は14g以下となっています。

50代から70代になると若干食物繊維の摂取量が増加するのですが、それでもやはり基準値には達していません。唯一基準値に達しているのは60代の女性なのですが、それでも1日あたり17.3gですから基準値をわずかに上回る程度なのです。

このように現代の日本人は食物繊維が不足しがちであり、このことが便秘の大きな原因となっているのです。

青汁に含まれる豊富な食物繊維が自然な排便を促します!

不足しがちな食物繊維を補給するためには、青汁を摂取することをおすすめします。便秘の解消といえば「便秘薬はどうなの?」と思う人がいるかもしれませんが、便秘薬には腸を強制的に蠕動運動させる働きがあるため、排便サイクルを乱して自然な排泄を難しくすることがあります。

便秘薬を常用すると、薬なしでは排便ができない慢性的な便秘に陥ってしまう可能性があるのです。青汁は野菜を絞った汁であり、ケール大麦若葉明日葉などの緑黄色野菜を主な原料としています。

これらの野菜には食物繊維がたっぷりと含まれていますので、青汁を定期的に摂取することにより腸内環境が改善されて、自然な排便を促すことになります。野菜から作られた青汁は、副作用を心配することなく安心して摂取することができるのです。

青汁の積極的な摂取を検討してみてください!

今回は青汁の便秘解消効果について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容をまとめてみると以下の通りとなります。

  • 便秘の解消のためには食生活の改善が必要です
  • 現代人の食生活では食物繊維が不足しがちになります
  • 青汁に含まれる豊富な食物繊維が腸内環境を改善して自然な排便を促します

青汁は自然素材である野菜から作られた健康食品です。青汁に含まれる豊富な食物繊維が腸内環境を改善して、自然な排便を促すことで便秘の症状を改善します。

さらに各種のビタミン類やミネラル類なども豊富に含まれていますので、青汁を摂取することで不足しがちな栄養成分をしっかりと補うことができるのです。便秘の解消のために、積極的な青汁の摂取を検討してみてください。