ケール青汁に含まれるフラボノール配糖体や糖脂質が効果を発揮します!

青汁には花粉症を改善する効果があります!

春が近づくと花粉症が気になって、憂鬱になる人が多いようです。花粉症は花粉が原因のアレルギー症状であり、くしゃみや鼻水や目の充血やかゆみなどの不快な症状により、日常生活に大きな影響を及ぼすことになります。

花粉症については薬で症状を抑えたり、食生活を改善して発症を予防することなどが主な対策となるのですが、近年では青汁の効果に注目が集まっているようです。今回は青汁の花粉症改善効果について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

花粉症は日本人の国民病です!

最近は花粉症で悩む人が多く、日本人の国民病となっています。日本では国土全体の12%がスギ林であり、全森林面積の18%をスギが占めています。

近年の調査では日本人のおよそ15%以上が花粉症を発症していて、さらにその7割以上がスギ花粉が原因の花粉症であるという結果が報告されています。さらに花粉症を発症する年齢の低下傾向なども確認されているようです。

花粉症はある日突然に発症しますし、花粉が減少しない限り自然に症状が改善することはありません。今は花粉症の症状がなくても、来年には花粉症を発症してマスクや目薬が手放せなくなっているかもしれないのです。

ケール青汁にはフラボノール配糖体や糖脂質が含まれています!

花粉症については現時点では、確立された効果的な治療法は存在しないようです。そんな中で現在注目を集めているのが青汁であり、青汁の材料として利用されることが多い緑黄色野菜のケールには、花粉症の改善に効果的な成分が含まれていることが判明しています。

ケールには花粉症などのアレルギー作用を改善に効果的な「フラボノール配糖体」「糖脂質」などが含まれていますので、ケールを主材料として作られた青汁を摂取することにより、アレルギー誘因因子を減少させることができるのです。

ケール青汁にはアレルギー誘因因子の生成を抑制する効果があります!

鼻や喉などに花粉が侵入すると、人間の体内ではアレルギー誘因因子が生成されます。免疫グログリンEという抗体が体内に一定量以上蓄積されると、花粉を排除しようとして攻撃行動を開始するため、花粉症の様々な症状が発生するのです。

花粉症の症状を緩和するためには、アレルギー症状が発生する一連の流れを断ち切ることが重要になります。ケールから抽出したエキスを免疫細胞に添加する実験の結果、アレルギー誘因因子の生成が抑制されることが判明しました。ケールから作られた青汁を摂取することにより、花粉症の症状の改善が期待できるのです。

日常生活に青汁を取り入れて花粉症を改善しましょう!

今回は青汁の花粉症改善効果について確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容をまとめてみると以下の通りとなります。

  • 花粉症は現在日本人の国民病となっています
  • ケール青汁にはフラボノール配糖体糖脂質が含まれています
  • ケール青汁にはアレルギー誘因因子の生成を抑制する効果があります

花粉症の予防のためには、食生活を見直すことも必要になります。野菜をしっかりと摂取して、ビタミン類やミネラル類や食物繊維などを体内に取り入れてください。また高カロリーな食品や高脂質の食品、さらに動物性たんぱく質や甘いものなどを大量に摂取すると悪影響を及ぼす可能性がありますので、控えめにすることを心がけてください。

花粉症予防に必要な栄養素を効率的に取り入れるためにも、青汁の摂取をおすすめしたいと思います。緑黄色野菜から作られる青汁には野菜由来の様々な栄養素がたっぷりと含まれていますので、1日1杯の青汁を摂取することにより必要な栄養素をしっかりと吸収することができます。花粉症対策のための頼れるパートナーが青汁なのです。