血液をサラサラにするすごい青汁についてまとめてみました!

青汁には血液サラサラ効果があります!

近年では不規則な生活習慣や食事内容の偏りや過度のストレスなどにより、いわゆるドロドロ血液の人が増えているようです。現在の日本人の約半数(5割程度)がドロドロ血液であるという、研究データなども発表されています。

ドロドロ血液は様々な生活習慣病の原因となりますので、くれぐれも注意が必要です。ドロドロ血液の改善のためには、青汁の摂取を検討してみてください。

青汁には血液をサラサラにする効果がありますので、普段の生活に積極的に取り入れてみましょう。今回は青汁の持つ血液サラサラ効果について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

ドロドロ血液は様々な深刻な症状を引き起こします!

ドロドロ血液は血管内をスムースに流れることができず、さらに血栓などを作って血管を詰まらせる原因となります。血管が詰まると梗塞や虚血などにより、脳梗塞心筋梗塞動脈硬化などの深刻な症状を引き起こすのです。さらにドロドロの血液が無理に流れることにより、血管の内部がボロボロに傷ついてしまうことになります。

日本人の死亡者数を死因別に分類してみると、平成23年度においては1位はがん(悪性新生物)、2位は心筋梗塞や心不全や狭心症などの心疾患、3位は脳梗塞や脳卒中や脳出血などの脳血管疾患となっています。特に2位の心疾患と3位の脳血管疾患の発症には動脈硬化が大きく影響するため、予防のためには正常な血液の流れを保つことが重要になるのです。

青汁には血液をサラサラにするピラジンの成分が含まれています!

青汁にはピラジンという、ドロドロ血液を改善してサラサラにする効果のある成分が含まれています。ピラジンは血小板の凝縮を防ぐ働きを持つ成分であり、血栓が作られることを抑制する効果があるのです。

ピラジンはコーヒーや野菜などに含まれる香りの成分としても知られており、アロマ効果が高いことからも注目を集めています。ピラジンは食事の際に野菜から直接摂取することもできるのですが、必要量を摂取するためには大量の野菜を食べることが必要になります。

一方の青汁は野菜を絞って凝縮して作られた健康食品ですから、1日1杯の青汁を摂取するだけで必要量のピラジンを摂取することができるのです。さらに青汁には豊富なビタミン類やミネラル類や食物繊維などが含まれていますので、日常生活で不足しがちな栄養成分を補うことにより生活習慣病の予防にも高い効果を発揮します。

青汁にはその他にも様々な血液サラサラ成分が含まれています!

青汁には血液をサラサラにするピラジンが含まれているのですが、その他にも様々な血液サラサラ効果を持つ成分が含まれています。

例えばポリフェノールカロテン食物繊維などにも血流を改善して血液をサラサラにする効果がありますし、さらに野菜由来の青汁には糖分や脂質などがほとんど含まれないため、コレステロール値や中性脂肪値などが高めの人でも安心して摂取することができるのです。クロロゲン酸ルチンなどの成分が豊富に含まれる青汁は動脈硬化の予防にも高い効果を発揮しますので、1日1杯の青汁を毎日の生活に取り入れてみてください。

1日1杯の青汁で血液サラサラをキープしましょう!

今回は青汁の持つ血液サラサラ効果について確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容をまとめてみると以下の通りとなります。

  • ドロドロ血液は様々な生活習慣病の原因となります
  • 青汁に含まれるピラジンが血液サラサラに高い効果を発揮します
  • 青汁にはその他にも様々な血液サラサラ効果のある成分が含まれています

青汁は独自の風味が強いため、苦手に感じる人などもいるかもしれません。そのような場合には青汁に牛乳やハチミツなどを加えることで飲みやすくなりますので、試してみてください。

1日1杯の青汁を摂取することにより、必要な栄養成分を効率的に体内に取り入れて血液サラサラをキープすることができます。毎日の食事に加えたり、間食やドリンクの代わりとして摂取すればヘルシーなのですが、青汁に他の食品を加える場合には糖分やカロリーなどのとりすぎに注意が必要です。