ワーファリンという薬を処方されている人は青汁の摂取は控えるようにしてください!

青汁には血栓を予防する効果があります!

血栓というのは血液中にできてしまう血の塊のことです。血液に含まれる血小板の成分が固まって、その結果血管が詰まってしまうことになります。

血栓が血管に栓をしてしまうため、ホースを踏んだ時のようにその先に血液が流れなくなってしまうのです。血液には本来凝固作用により、出血を止める働きがあります。

例えばケガをして出血した場合でも、傷口が小さければ血液が凝固して血栓ができることで出血は自然に止まります。しかし血栓が血液中にできてしまった場合には、血管を塞いでしまうことにより様々な症状を引き起こす可能性があるのです。

今回は血栓症のメカニズム青汁の血栓予防効果について、さらに詳しく確認してみましょう。

いわゆるドロドロ血液が血栓症の原因です!

血栓症の原因については様々なものがあげられるのですが、栄養バランスの偏りや不規則な生活やストレスなどにより、いわゆる「ドロドロ血液」になってしまうと血栓が形成されやすくなります。

生活習慣病の一種である血栓症は梗塞や虚血などの原因となり、高血圧や脳梗塞などを引き起こします。血栓を予防するためには青汁がおすすめです。

青汁にはイソチオシアネートと呼ばれる成分が豊富に含まれていますので、ドロドロの血液をサラサラに変える効果や、さらにがんの発生を抑制する効果などを期待することができます。青汁を定期的に摂取すれば、血栓を予防するために高い効果を発揮するのです。

青汁に含まれるイソチオシアネートが効果を発揮します!

イソチオシアネートの成分は大根おろしやワサビなどに豊富に含まれる成分であり、食欲や消化の増進効果や殺菌効果などがあります。さらにイソチオシアネートには血液の流れを改善する効果があるため、血栓の予防にも高い効果を発揮するのです。

イソチオシアネートは普段は野菜の中に配糖体として存在しており、野菜を切ったりすり潰したりしてミロシオーネという酵素と接触することで、イソチオシアネートとして生成されることになります。青汁は原材料となる緑黄色野菜を丁寧にすり潰すことで作られていますので、その中にはイソチオシアネートの成分がしっかりと配合されているのです。

1日にコップ1杯の青汁を摂取すれば、普段の食事から摂取することが難しいイソチオシアネートの成分をしっかりと体に取り入れることができます。

ワーファリンを処方されている人は青汁の摂取は控えるようにしましょう!

ただし医師から「ワーファリン」という薬を処方されている場合には、青汁の摂取は控えることが必要になります。脳梗塞などのリスクがある人には血液を固まりにくくして血栓を予防するワーファリン(ワルファリン)という薬が処方されることがあるのですが、青汁に豊富に含まれるビタミンKワーファリンの働きを阻害してしまうことがあるのです。

医師からワーファリンを処方されている人は、青汁の摂取についてはくれぐれも慎重に判断することを心がけてください。

青汁を日常生活に取り入れてみましょう!

今回は血栓症のメカニズム青汁の血栓予防効果について確認してみました。主な内容をまとめてみると以下の通りとなります。

  • いわゆるドロドロ血液が血栓症の原因となります
  • 青汁に含まれるイソチオシアネートが血栓予防に高い効果を発揮します
  • 医師からワーファリンを処方されている人は青汁の摂取は控えるようにしましょう

血栓予防に効果的なイソチオシアネートは大根おろしやワサビなどに豊富に含まれる辛味成分なのですが、イソチオシアネートが豊富に含まれる青汁は辛くはありませんので安心して飲むことができます。最近の青汁は口当たりなどが改善されたまろやかな味になっていますので、生活習慣病予防のために日常生活に青汁を取り入れてみてください。1日にコップ1杯の青汁を飲むことで必要な栄養成分をしっかりと体に取り入れることができますので、まずは気軽にチャレンジしてみましょう。