青汁を購入する際にはパッケージなどに記載された成分表を確認しましょう!

青汁に何が含まれているのか成分表で確認してみましょう!

青汁は豊富なビタミンやミネラルや食物繊維などを含む、私たちの健康つくりのために役立つ健康食品です。青汁は原材料となる野菜を絞って汁にしたものなのですが、青汁によってはさらに様々な成分が添加物として含まれている場合などもあるようです。

健康のために青汁を飲むのであれば、やはり添加物が含まれない無添加の青汁を選ぶことをおすすめしたいと思います。今回は青汁に含まれることが多い添加物その種類などについて、さらに詳しく確認してみましょう。

青汁には添加物として甘味料が含まれていることが多いようです!

青汁に含まれる添加物としては、甘味料が含まれていることが多くなっています。青汁といえば以前のテレビコマーシャルでおなじみの「不味い!」というイメージが強いのですが、これは青汁が野菜から作られる汁であり、独特の風味や苦みなどがあることが理由となっています。

青汁を製造するメーカーでは利用者が少しでも飲みやすいようにと、添加物として甘味料を加えることナ青汁の口当たりを改善しているのです。青汁に利用されることが多い甘味料としてはアスパルテーム、スクラロース、還元水飴などがあげられます。甘味料が含まれた青汁は口当たりがよく飲みやすいというメリットがあるのですが、甘味料についてはそれぞれにデメリットなどもありますので、青汁を選ぶ際にはくれぐれも慎重に判断するようにしてください。

人口甘味料には様々なデメリットがあります!

青汁に添加物として含まれる甘味料については、それぞれのデメリットなどを事前にしっかりと確認しておくことが必要になります。例えばアスパルテームはアミノ酸に様々な化学薬品を混ぜることにより合成される人口甘味料なのですが、頭痛・めまい・不眠・視力障害・味覚障害などの原因となることがあるようです。

またスクラロースは砂糖の600倍の甘さの人工甘味料なのですが、人間の体内では分解されにくいため全身の免疫機能に悪影響を及ぼす可能性があります。さらに還元水飴は日本では食品として分類されているのですが、実際には化学的に還元反応を行うことにより作られる人口甘味料になります。

人口甘味料の安全性についてはまだまだ未知の部分が多いため、健康食品である青汁を選ぶ際には人口甘味料が含まれていないものを選ぶことをおすすめしたいと思います。

無添加の青汁であれば安心して飲み続けることができます!

青汁には甘味料以外には、香料色素などが含まれている場合があります。香料や色素は青汁の風味や見た目などを改善するためのものなのですが、これらについても人工的に作られたものが使われているようです。

人口甘味料と同様にその安全性は確認されていませんので、青汁を選ぶ際には添加物が含まれない無添加のものを選ぶようにしましょう。無添加の青汁であれば体に悪影響を及ぼす成分は含まれていませんので、健康つくりのために安心して飲み続けることができるはずです。

また無添加の青汁には独特の風味や苦みのため飲みづらいというデメリットがあるのですが、そのような場合には牛乳で割ってみたり、またハチミツを加えてみたりすることにより飲みやすくなるはずです。

青汁を選ぶ際には無添加のものを選ぶことをおすすめします!

今回は青汁に含まれることが多い添加物その種類などについて詳しく確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容について簡単にまとめてみると、以下の通りとなります。

  • 青汁には甘味料などの添加物が含まれていることが多いようです
  • 人口甘味料は私たちの健康に悪影響を与える可能性があります
  • 安心して飲み続けることができる無添加の青汁を選んでみてください

青汁には独特の風味や苦みがあり、青汁を飲みにくいと感じる人が多いため、青汁を製造しているメーカーでは添加物として甘味料などを加えることで口当たりを改善しています。ただし人口甘味料については安全性が確認されていない部分があり、私たちの健康に悪影響を与える可能性などもありますので、青汁を選ぶ際には無添加のものを選ぶことをおすすめしたいと思います。

無添加の青汁を選ぶようにすれば、健康つくりのために安心して飲み続けることができるはずです。