緑茶入りや抹茶入りの青汁にはカフェインが入っているかも?

青汁の一部にはカフェインが含まれています!

健康つくりやダイエットなどのために青汁を飲み始めた人の中には、寝つきが悪くなったりトイレが近くなったりする人などがいるようです。

これらの症状については青汁の中に含まれるカフェインがその原因となっています。青汁の主な原料であるケール・大麦若葉・ゴーヤなどの野菜にはカフェインはほとんど含まれていないのですが、飲みやすくするために緑茶や抹茶などを配合した青汁にはカフェインが含まれている場合があります。

今回は青汁に含まれるカフェインとその影響について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

緑茶や抹茶などを加えた青汁にはカフェインが含まれている場合があります!

青汁といえば以前放映されていた「不味い!」というテレビコマーシャルを思い浮かべる人が多いようです。

青汁は野菜を絞って汁にしたものであるため、独特の風味や苦みなどがあります。メーカーでは青汁を飲みやすくするために別の食品を加えた様々な青汁を発売しているのですが、その中の緑茶や抹茶などを加えた青汁にはカフェインが含まれている場合があるのです。

緑茶や抹茶などは私たちの生活に身近な食品であり、これらを加えることで青汁の口当たりや飲みやすさなどは大幅に改善されます。初めての人でも抵抗なく日常生活の中に青汁を取り入れることができるのですが、青汁にカフェインが含まれる場合にはその影響に注意が必要になります。

カフェインは私たちの健康にどのような栄養を及ぼすのでしょうか?

カフェインの主な作用としては、覚醒作用利尿作用があげられます。覚醒作用は頭をすっきりさせて効果的に働かせる作用なのですが、就寝前などのカフェインを摂取すると寝つきが悪くなったり、また眠りが浅くなったりする場合などがあります。

また利尿作用は尿を出やすくする作用なのですが、青汁にはそれ自体に水分が多量に含まれていますので、結果的にトイレが近くなってしまうのです。

その他には胃液の分泌を促進する作用により胃痛の原因となったり、血圧上昇の作用により高血圧の原因になったりする場合などもあります。健康つくりのために飲んだ青汁が、むしろ健康のために逆効果になってしまう可能性があるのです。

カフェインにはデメリットだけでなくメリットもあります!

一方でカフェインにはデメリットだけでなく、様々なメリットもあります。カフェインの覚醒作用には仕事や勉強などの際に集中力をアップさせる効果がありますし、利尿効果には体内に蓄積した不要物や毒素などを尿と一緒に体外に排出する効果があるのです。

またカフェインには血流を改善する効果があるため片頭痛の解消などの効果がありますし、さらに筋肉収縮効果により筋肉疲労の改善や運動機能の向上のために効果を発揮します。

その他にはリパーゼという脂肪を燃焼させる酵素の働きを活発化させる効果がありますので、ダイエットの効果についても期待することができます。

青汁を購入する際には成分表をしっかりとチェックしてください!

今回は青汁に含まれるカフェインとその影響について確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容をまとめてみると以下の通りとなります。

  • 緑茶や抹茶などを加えた青汁にはカフェインが含まれている場合があります
  • カフェインには覚醒作用利尿作用があるため摂取には注意が必要です
  • カフェインには様々なメリットもありますので適量の摂取であればそれほど問題はありません

カフェインには覚醒作用や利尿作用などがあるため、体質的にカフェインに弱い人の場合には摂取に注意が必要になります。青汁のパッケージにはどのような原材料が使われているのかを示す成分表が表示されていますので、購入の際には成分表をしっかりとチェックしてください。

現在は様々な種類の青汁が販売されていますので、カフェインの影響が気になるという人は添加物が含まれない野菜100%の青汁を選ぶようにしましょう。ただしカフェインについてはデメリットだけでなく様々なメリットもありますし、一般の人が適量を摂取するのであればそれほど問題にはならないはずです。