青汁に含まれるビタミンKが治療薬の効果を弱めてしまう可能性があります!

脳梗塞などのリスクがある人は青汁の摂取を控えるようにしましょう!

野菜由来の豊富な栄養素や食物繊維を含む青汁は、私たちの健康のために高い効果を発揮する健康食品です。

ほとんどの人の場合には通常の量の摂取であれば副作用などを心配する必要はないのですが、一部には青汁の摂取をおすすめできない人などもいますので、青汁を摂取する際にはくれぐれも注意をしてください。

具体的には脳梗塞のリスクがある人などには、青汁の摂取をおすすめすることはできません。今回は青汁の副作用について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

青汁が「ワーファリン」の働きを弱めてしまう可能性があります!

青汁のパッケージには「ワーファリンを服用している人は青汁の服用については事前に医師に相談してください」などと表示されていることがあります。ワーファリン(ワルファリン)は血栓症や塞栓症の治療や予防のために処方される薬であり、血液が固まることを防ぐ働きがあるのです。

血液中に血液の塊である血栓ができてしまうと血管が詰まってしまう可能性があり、心筋梗塞や脳卒中などの重篤な症状を引き起こすことになります。

青汁にはこのワーファリンの働きを阻害してしまう可能性がありますので、医師からワーファリンを処方されているという人は青汁の摂取にについてはくれぐれも慎重に判断するようにしてください。

青汁に含まれるビタミンKはワーファリンとは正反対の働きをします!

青汁にはビタミンKの成分が豊富に含まれているのですが、ビタミンKには止血作用がありワーファリンとは正反対の働きをすることになります。

青汁を大量に摂取した場合には、青汁に含まれるビタミンKがワーファリンの働きを阻害してしまうことになるのです。ビタミンKは緑黄色野菜に豊富に含まれる栄養素であり、青汁の原材料として使われる野菜としては大麦若葉・明日葉・桑の葉・ブロッコリー・パセリ・小松菜・ほうれん草などに多く含まれています。

また青汁以外にはクロレラや納豆などにも、ビタミンKが豊富に含まれています。公益財団法人日本心臓財団ではこれらの食品について、「ワーファリンと同時の摂取は控えるべきである」という見解を示していますので、脳梗塞のリスクがある人は青汁の摂取についてはくれぐれも注意をしてください。

「バイアスピリン」を処方されている人は青汁を飲んでも大丈夫です!

ワーファリンは脳卒中などのリスクが高い人に処方されることが多い薬なのですが、その他に処方されることが多い薬としては「バイアスピリン」があげられます。

ワーファリンもバイスピリンも脳卒中などを予防するための薬なのですが、ワーファリンは抗血液凝固剤であることに対して、バイアスピリンは抗血小板薬であるという違いがあります。血液を固まりにくくするという働きは同じなのですが、その作用の仕組みが異なるためバイアスピリンはビタミンKの影響を受けません

バイアスピリンを処方されている人の場合には、青汁を飲んでも大丈夫なのです。

青汁の摂取については事前に医師などに相談するようにしましょう!

今回は青汁の副作用について確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容をまとめてみると以下の通りとなります。

  • 青汁に含まれるビタミンKがワーファリンの働きを阻害することがあります
  • ワーファリンが処方されている人は青汁の摂取は控えるようにしてください
  • バイアスピリンが処方されている人の場合には青汁を摂取しても大丈夫です

脳梗塞のリスクがありワーファリンの処方を受けているという人は、ビタミンKが豊富に含まれる青汁の摂取は控えるようにしてください。バイアスピリンが処方されている人の場合には青汁を摂取しても大丈夫なのですが、念のために医師に相談をしてから青汁を摂取することをおすすめします。

さらに青汁を販売している各社が薬との飲み合わせを相談できる窓口を設置している場合などもありますので、これらの相談窓口についても積極的に活用してみてください。