青汁を飲むと腸の働きが活性化しておならが出やすくなります!

青汁とおならにはどのような関係があるのでしょうか?

青汁を飲み始めたらおならが出やすくなった!」という意見が、青汁を飲み始めた人の口コミの中には数多く見られるようです。これは実際にその通りであり、青汁に含まれる豊富な食物繊維の働きが関係しています。

食物繊維には腸内環境を改善して便秘を解消する効果があるのですが、この時に腸の動きが活発化して便の発酵が促進されることになります。その結果腸内でガスが生成され、食事の際に取り込んだ空気などと一緒におならとして体外に排出されることになるのです。今回は青汁とおならの関係について詳しく解説しますので、おならで困っているという人はぜひとも参考にしてみてください。

青汁を飲んでもおならは臭くありません!

青汁を飲んでおならが出ても、ほとんどの場合には臭くはないようです。おならの臭いは普段何を食べているのかにより、大きく左右されることになります。

肉類を中心に食べている人のおならは臭いことが多く、野菜類を中心に食べトいる人のおならは臭くないことが多いようです。野菜を絞って汁にしたものが青汁ですから、青汁が原因で出るおならは臭くないということになります。

ただし一部には青汁を飲んだことが原因で、臭いおならが出るという人がいるようです。そのような場合には青汁に含まれる食物繊維が消化器官を刺激して、消化不良を起こしている可能性があるかもしれません。青汁を飲むと臭いおならが出るという人には、一度医師などの診察を受けてみることをおすすめしたいと思います。

おならを我慢すると口臭や体臭などの原因になる可能性があります!

おならをすることを「恥ずかしい!」と感じる女性が多いようですが、おならを我慢するとガスが体内に再吸収されることになります。腸で発生したガスが体内に再吸収されると、血液により体の隅々に運ばれて呼気や汗などとして体外に排出されることになりますので、口臭や体臭などの原因になってしまうのです。

おならは体内で発生した不要物がガスとして体外に排出される自然現象ですから、恥ずかしがる必要はありません。おならがしたくなったら我慢をせずに、トイレや人のいない場所などに行っておならをするようにしてください。

青汁の量を減らすことでおならの量を減らすことができます!

おならを我慢していると、小腸にガスがたまることになります。たまったガスは横行結腸・脾臓・胆嚢などの周辺臓器を圧迫して、腹痛や便秘などを引き起こす可能性があるのです。さらにおならを我慢していると腸内環境が悪化して悪玉菌が増加しますので、発がん性物質が腸内で発生してしまう可能性があります。

おならが原因で命にかかわる場合などもありますので、くれぐれも我慢をせずにおならを出すようにしてください。また青汁を飲んだことでおならが出すぎて困るという場合には、青汁の量を減らすことでおならの量を減らすことができます。青汁の摂取量が多すぎるのかもしれませんので、摂取量を調整してみてください。

ペットに青汁を与えることについてはくれぐれも慎重に判断するようにしましょう!

今回は青汁とおならの関係について詳しく解説しましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容について簡単にまとめてみると、以下の通りとなります。

  • 青汁を摂取すると腸の働きが活発化するためおならが出やすくなります
  • 青汁を飲んで出るおならは臭くありません
  • おならは我慢をせずにトイレ人のいない場所などで出すようにしましょう

青汁には豊富な食物繊維が含まれていますので、腸内活動を活性させて便秘を解消する効果を期待することができます。青汁を飲んでおならが出やすくなったのであれば、それは腸内環境が改善されつつあることを示しているのです。

おならは自然現象ですから、必要以上におならが出ることを恥ずかしがる必要はありません。おならを我慢すると健康に悪影響を及ぼす場合がありますので、トイレや人のいない場所などに行っておならを出すようにしてください。