手作り青汁の簡単な作り方をご紹介します!

青汁は自分で作ることもできます!

現在は様々な青汁が販売されていて、その形態についても様々となっています。粉末タイプの青汁を選ぶこともできますし、液体タイプの青汁を選ぶこともできます。さらにサプリメントタイプの青汁を選ぶことも可能です。さらに青汁については、自分で作ることもできます。自分で青汁を作るようにすれば、いつでも新鮮な作り立ての青汁を飲むことができますので、健康つくりのために大いに役立つはずです。今回は青汁を自分で作るための方法について詳しくご紹介しますので、新鮮な青汁が飲みたいという人は参考にしてみてください。

ジューサーを使えば簡単に青汁を作ることができます!

市販されている青汁を飲んでいる人の場合には、「青汁って自分で作ることができるの?」と疑問を感じるかもしれませんが、青汁は基本的には野菜をすり潰して汁を絞ったものになりますので、誰でも簡単に自分で作ることができるのです。

まずは青汁の材料となる野菜をすり潰してください。この時にはジューサーを使うのが簡単です。ジュース作り専用の機械がジューサーであり、ジューサーを利用すれば簡単に野菜から青汁を絞り出すことができます。残った野菜は料理などに再利用することができますので、手軽に青汁を作りたいという人にはジューサーの利用をおすすめしたいと思います。

ミキサーやすり鉢を使うこともできます!

ジュース作り専用の機械がジューサーなのですが、単純に材料を細かく刻んで混ぜ合わせるための機械がミキサーになります。ミキサーで青汁を作る場合には野菜に水を加えてから細かく刻むことになりますので、水加減に注意が必要になります。

何度か実際に試してみることで、最適な水の量を確認することができるはずです。またミキサー以外にはすり鉢を使うこともできます。すり鉢を使うのは手間がかかりますし体力的にも大変なのですが、すり鉢を使うと品質の高い青汁を作ることができますので、青汁にこだわる人におすすめです。

ガーゼなどを使って汁を絞り出せば青汁の完成です!

ジューサー以外の方法の場合には、細かく刻んだ野菜から汁を絞り出す作業を行ってください。ペースト状の青汁には食物繊維が豊富に含まれていて栄養価抜群なのですが、初めての人の場合には飲みづらく感じるかもしれません。

ガーゼなどを使って汁だけを絞り出した方が、飲みやすくなるはずです。ガーゼなどで細かく刻んだ野菜を包んで、ぎゅっと絞ることで汁を抽出しましょう。絞り器を使って汁を抽出することもできますし、上手に汁が絞れないという場合には少量の水を加えることで絞りやすくなります。

これで自家製青汁は完成です。自分の好きな野菜を使って好みの青汁を作ることができますし、さらに市販品とは異なりいつでも新鮮な作り立ての青汁を味わうことができます。

それぞれの青汁の特徴をしっかりと把握して最適な青汁を選びましょう!

今回は青汁を自分で作るための方法について詳しくご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容について簡単にまとめてみると、以下の通りとなります。

  • 青汁は誰でも簡単に自分で作ることができます
  • 手軽に青汁を作りたい人にはジューサーを利用する方法をおすすめします
  • ミキサーすり鉢などを使って青汁を作ることもできます

青汁は野菜の汁を絞り出したものですから、誰でも簡単に自分で作ることができます。ジューサーを利用すれば手軽に青汁を作ることができますし、ミキサーやすり鉢などを使って青汁を作ることもできます。それぞれの方法に一長一短がありますので、自分の好みに合った方法を選ぶようにしてください。自分で作るのであれば好きな野菜を材料にすることができますし、さらに牛乳やハチミツなどを加えてオリジナル青汁を作ることもできます。いつでも新鮮で作り立ての青汁を味わうことができますので、自家製青汁作りにはまってしまう人なども多いようです。