青汁にはどんな種類があるのか?

青汁を飲み始めたい。そのように思っている方って多いかもしれません。しかし、一言で青汁といっても様々な種類があり、それぞれに効能も違って来る事をご存知でしょうか?今回ここでは、主に市場に出回っている物を中心に、様々な種類の青汁をご紹介します。

まず、今最も多く市場に出回っていて、普段からよく目にするのがケール青汁と言われる種類です。このケール青汁は、ビタミンAを中心に食物繊維やミネラルなどの栄養価が豊富に含まれています。他の青汁に比べて、圧倒的に栄養豊富で免疫力を高めてくれる効果も持ち合わせています。

しかし、デメリットとして、多少風味が独特で飲みずらいところがあります。この欠点を補うため、ここ最近ではレモン味であったり、ハチミツ入りであったりと飲みにくさが改善されています。牛乳を割って飲む人もいます。

次に、一般的な種類は、大麦若葉の青汁です。この青汁もケール同様、ビタミンなどを多く含み、高い栄養価を誇っています。

特徴として、酵素が大量に含まれている事から生活習慣病の予防などにも良いとされています。さらに、大きな特徴としてケール青汁よりもクセが少なく飲みやすいとされているので、その点でも高い人気があるようです。そのままでも飲みやすいですが、野菜ジュースやリンゴ等で割るのもお勧めです。

他にも、ケールをも凌ぐ栄養価を持ち合わせている桑の葉の青汁や、高血圧の予防にも効果があり、人気ではケールや大麦若葉の次とも言われている明日葉の青汁があります。

飲みやすさで人気の青汁とは

さらに、飲みやすさで人気なのがヨモギ青汁と呼ばれる青汁で、緑黄色野菜をはるかに上回る栄養価があり、冷えにも効果があります。

最後に、飲みやすさや栄養の観点から青汁にエキスをプラスした、レモン青汁や緑茶青汁、または抹茶青汁といった物もあります。青汁に別の成分を配合する事で、青汁以外の栄養価も取る事が出来、尚かつ飲みやすいといったメリットもあります。

このように、青汁といっても多くの種類がありますし会社によっても様々な原材料で作られた青汁もあります。是非、ご自分に合った青汁を選び、おいしく飲みながら健康を目指していって下さい。

青汁売れ筋人気ランキング


ランキングバナー