オーガニック青汁で健康ライフを実現しましょう!

オーガニック青汁は有機栽培で育てられた野菜を原料とした青汁です!

近年では健康食品などに「オーガニック」という言葉が使われることが増えています。オーガニックというのは本来は有機栽培のことなのですが、日本では無農薬という意味で使われることが多いようです。

オーガニック青汁といえば、有機栽培で育てられた野菜から作られた青汁のことになります。今回はオーガニック青汁の特徴メリットなどについて、さらに詳しく確認してみましょう。

有機栽培と無農薬にはどのような違いがあるのでしょうか?

オーガニックという言葉は本来は有機栽培のことを意味するのですが、日本では無農薬の意味で使われることが多くなっています。それでは有機栽培と無農薬には、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。

日本の農業の規格であるJASでは多年生作物は最初の収穫前3年間以上、それ以外の植物(野菜や米)なら播種または植えつけ前2年間以上、農薬などを使わずに栽培を行った農作物を有機栽培と認定して、「有機JASマーク」を付しています。

つまり一定の期間農薬を使わずに農作物を育てた場合には、有機栽培に該当することになるのです。ただし有機栽培や無農薬などの表示については特に規制がされていないため、一部には曖昧な基準により農作物に有機栽培や無農薬を表示する生産者や企業なども存在するようです。

オーガニック青汁にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

オーガニック青汁のメリットとしては、残留農薬の心配がなく安心して摂取できるということがあげられます。青汁の主原料として使われる野菜はケール・大麦若葉・ゴーヤ・桑の葉・明日葉などが代表的なものなのですが、特にケールや大麦若葉などは大規模な農家で大量生産されていることが多いため、生産管理のために農薬や化学肥料などが使われていることが一般的です。

これらの原材料は大量生産されるため調達コストが安く青汁の価格を抑えることができるのですが、残留農薬の心配がありますので正直あまりおすすめはできません。

一方で有機栽培で育てられた野菜から作られた青汁は価格が若干割高になりますが、オーガニック青汁を選ぶようにすれば残留農薬を心配する必要がありませんので、安全性が高く安心して飲み続けることができるのです。

オーガニック青汁を摂取する際には工夫をしてみましょう!

安全性が高く安心して飲み続けることができるオーガニック青汁なのですが、素材そのものにこだわって作られているため独特の風味や苦みが強く、飲みづらいと感じる人が多いようです。

オーガニック青汁を摂取する際には、飲みやすくするための様々な工夫をしてみましょう。独特の風味や苦みなどを和らげたいという場合には、牛乳を加えたりハチミツを加えたりすることが効果的です。

さらにバナナ・ココア・きな粉などを加えると味のバリエーションが広がりますので、オーガニック青汁を毎日飲み続けたいという人はぜひとも試してみてください。

安全性の高いオーガニック青汁は安心して飲み続けることができます!

今回はオーガニック青汁の特徴やメリットなどについて確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容をまとめてみると以下の通りとなります。

  • オーガニック青汁は有機栽培で育てられた野菜を原料とした青汁です
  • 日本では無農薬野菜を原料として作られた青汁をオーガニック青汁と呼ぶ場合もあります
  • オーガニック青汁には残留農薬の心配がありませんので安心して飲み続けることができます

オーガニック青汁は有機栽培で育てられた野菜を原料とした青汁のことであり、日本では2〜3年間農薬を使わずに農作物を育てたものを有機栽培としているため、無農薬野菜を原料として作られた青汁をオーガニック青汁と呼ぶ場合などもあるようです。

オーガニック青汁は販売価格が割高になってしまうのですが、残留農薬の心配がありませんので安心して飲み続けることができます。オーガニック青汁は原材料にこだわって作られているため、人によっては風味や苦みなどが強く飲みづらいと感じることもあるようです。

そのような場合には飲み方の工夫やアレンジなどにチャレンジして、オーガニック青汁を楽しく飲んでみてください。