青汁特有の風味が苦手な人でもアレンジを加えることで美味しく楽しく摂取することができます!

青汁の様々なアレンジをご紹介します!

青汁はそのまま飲むこともできるのですが、さらに飲み方や食べ方などを工夫して様々なアレンジを加えることで、より美味しく楽しく摂取することができるのです。今回は青汁の様々なアレンジについて、さらに詳しくご紹介してみたいと思います。

青汁をヨーグルトに混ぜてみましょう!

青汁の手軽で美味しい食べ方としては、まずはヨーグルトに混ぜてみることをおすすめします。方法はとっても簡単ですから、誰でも手軽に試してみることができます。

スーパーなどで購入した市販のヨーグルトに青汁を加えて、混ぜ合わせれば完成です。見た目はイマイチかもしれませんが、青汁の苦味とヨーグルトの酸味がマッチして美味しく食べることができます。苦味や酸味が苦手な人は砂糖やハチミツなどを加えてもOKですが、カロリーの採り過ぎにならないように注意をしてください。

青汁をおにぎりに混ぜてみましょう!

毎日のお弁当としておにぎりを作っている人は、おにぎりの中に青汁を混ぜてみてはいかがでしょうか。普通のおにぎりに青汁を混ぜ込めば、「青汁おにぎり」が完成します。

青汁の臭いや味などはあまり影響しないようですが、気になるという人はふりかけや塩などを使って味付けを調整してみてください。お米と青汁は意外と相性の良い関係になりますので、青汁風味の青汁おにぎりはパクパクと美味しく食べることができるはずです。

青汁をカルボナーラに混ぜてみましょう!

野菜が苦手な人は、カルボナーラに青汁を混ぜてみることを試してみましょう。カルボナーラはもちろんですが、その他のクリームソース系のパスタでも同様に楽しむことができます。カルボナーラと青汁は相性も抜群ですし、忙しい人でもちょっとしたひと手間で簡単にアレンジすることができるはずです。

上品な色合いに仕上がりますし、さらに青汁の風味が適度に加わった味わいで美味しく食べることができます。

青汁をケーキ生地に混ぜてみましょう!

パウンドケーキやシフォンケーキなどを作る際には、ケーキ生地に青汁を混ぜてみてください。抹茶風味の美味しいケーキを手軽に作ることができます。

さらに簡単に楽しみたいという人の場合には、ホットケーキミックスに青汁を混ぜてみてはいかがでしょうか。

青汁のお湯割りは身体を内側からポカポカと温めます!

今回は青汁の様々なアレンジについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。主なアレンジの方法をまとめてみると、以下の通りとなります。

  • 青汁をヨーグルトに混ぜてみましょう
  • 青汁をおにぎりに混ぜれば青汁おにぎりを楽しむことができます
  • 青汁とカルボナーラは相性抜群の組み合わせです
  • 青汁をケーキ生地に混ぜ合わせれば抹茶風味の美味しいケーキが完成します

今回ご紹介した以外にも様々なアレンジの方法がありますので、独自のアイディアによるオリジナル青汁作りにチャレンジしてみてください。さらに青汁を製造するメーカー各社ではホームページ上で青汁を使った様々な料理レシピを公開していますので、青汁料理のレパートリーを広げたいという人は積極的に活用してみましょう。

以前の青汁といえば「不味い!」ことが多かったのですが、近年ではメーカー各社の工夫により飲みやすい青汁が発売されています。ただし青汁には野菜由来の独特の風味がありますので、青汁に苦手意識を感じる人や、飲みづらいと感じる人もいるようです。

そのような場合には青汁の飲み方や食べ方などを工夫して、様々なアレンジを加えてみましょう。今回ご紹介した各種の方法であれば青汁の風味が苦手だという人でも、抵抗を感じることなく美味しく楽しく飲んだり食べたりすることができるはずです。