二日酔いや悪酔いの予防だけでなく身体に嬉しい栄養素の補給にも

最近では日常生活の中で毎日のようにお酒を飲む人が減ってきているとは言われていますが、やはり焼酎が好きな人もたくさんいるでしょう。多くの方はお湯割りや水割りで楽しんでいると思いますが、健康のことを考えるなら青汁割りを始めてみてはいかがでしょうか。

焼酎を青汁で割るとまずくなってしまうのでは?と心配する方もいると思います。しかし、適度な風味が加わっていつもとは違った焼酎の味が楽しめます。お酒が好きな方からすると「そんなの邪道だ」と感じる方もいるでしょう。けれども、お酒を飲む習慣に青汁を加えると長期間にわたって青汁を飲む生活習慣を作ることができるのでかなりおすすめなんです。

青汁を健康のために飲んでいる方は多いのですが、味があまり好きでなかったり、つい飲み忘れが出てしまったりということで長続きしない人も多いです。しかし焼酎の青汁割りを飲むようにすれば飲み忘れが減りますし、何より美味しく飲めます。

どうして焼酎の青汁割がおすすめなのかというと、焼酎と一緒にビタミンやミネラル、食物繊維を補給することができること。そしてお酒による肝臓への負担を軽減できることが大きなポイントになってきます。アルコールを摂取するとそれを分解するために肝臓がフル稼動します。

これが私達が思っている以上に肝臓に負担をかけているものです。肝臓が効率よく機能するためにはビタミンやミネラルが必要です。これを青汁で補ってあげることで二日酔いや悪酔いを予防できるだけでなく、肝臓を助けてくれるので翌日の「スッキリ感」が全然違います。

いきなり焼酎を青汁割りで飲み始めると味になれなくて飲み続けるのが大変に感じられることもあるでしょう。そのためまずは少しずつ混ぜてみることをおすすめします。慣れてきたら徐々に量を増やしていくというスタンスで良いと思います。